債務整理とは

借入額の増加や収入の減少等により、返済が難しくなった借金を法的に整理する方法には、「任意整理」「自己破産」「個人民事再生」「過払い請求」「特定調停」の5つの手続きがあります。このうち、どの方法を選択して債務を整理するべきか、その判断には法律や制度についての専門知識と手続きの経験が不可欠です。

当事務所では、ご依頼をいただいたその日から、速やかに支払い・督促・取立てをストップさせたうえで、お客様の債務状況を正確に把握し、ご自身がどのような方法で問題解決を図りたいのかをお聞きし、その方に最も適した債務整理方法をご提案し、借金問題の解決を図ります。

日々の返済が苦しくなってきたと感じたときには、もはや完済することが不可能な状態に陥っているケースが非常に多く存在します。

状況がさらに悪化する前に、一日でも早く債務整理によって生活の再建を目指されることを強くおすすめ致します。

任意整理による債務整理

裁判手続きはとらず、債権者と直接交渉し、返済額や返済方法を見直します。

自己破産による債務整理

多額の借金を抱え、返済不可能な方裁判所に申立て、経済的に破綻した生活の立て直しをはかります。借金をゼロにして新たな人生の出発を。

個人民事再生による債務整理

マイホームを手放さず再建をはかりたい方将来にわたって定期的な収入が見込まれる方が利用できます。

過払い請求による債務整理

長期にわたって借入れされている方すでに返済の終わった方利息制限法に基づき払いすぎた利息を取り戻します。

特定調停による債務整理