HOME  > コンテンツ  > Q&A  > 過払い請求Q&A

過払い請求Q&A

Q1 過払い請求はどのような人に適していますか
A1 過払い請求は「借入れの期間が長期にわたっている方」に適した債務整理方法です
Q2 過払い金が発生する仕組みを教えてください
A2 過払い金が発生する原因には、利息制限法出資法という2つの法律が関係しています。利息制限法では上限金利を15〜20%としており、それを超えた金利を定めても、超えた部分は法律上無効となります。一方、出資法で定められた刑事罰の対象となる金利は29.2%を超えた場合と定められています。

つまり、利息制限法を超えた金利を設定しても出資法の上限金利を超えなければ刑事罰は科せられないということになります。

このため、一般に消費者金融業者は、利息制限法の上限金利は超過するが出資法による29.2%の利率は超過しない、いわゆる「グレーゾーン金利」の範囲内で利率を設定しており、これが結果として「過払い金」を発生させる原因となっています。

Q3 すでに返済を終了しているのですが過払い請求はできますか
A3 過払い金の計算では、完済前の取引も含めた全ての取引が対象になります。したがって、すでに返済が終了していても過払い請求は可能です。

もっとも、過払い金の返還請求権は10年で消滅時効にかかりますので、完済してから長期間が経過している場合は注意が必要です。

Q4 グレーゾーン金利が撤廃されると過払い請求はできなくなりますか
A4 法改正により、グレーゾーン金利は、2009年12月末日を目途に撤廃が予定されています。そのため、グレーゾーン金利が撤廃された後の借金については、金利が利息制限法の法定金利の範囲内であるため、過払い金が発生することはありません。

ただし、法改正以前の取引については依然として過払い金が生じる可能性があります。

お電話でのお問い合わせ(平日9:00から19:00。事前予約で夜間土日祝祭日も対応。)
082-502-7447
メール・FAXでのご相談24時間受付中
プリンタ用画面
友達に伝える
カテゴリートップ
Q&A
次
任意整理Q&A

債務整理 過払い金 過払い請求 任意整理 多重債務者 借金相談 自己破産 個人再生( 個人民事再生) 相続手続き 不動産 相続 名義変更 遺産分割協議書 遺産放棄 成年後見 成年後見制度

司法書士 広島( 広島県) 広島市 廿日市市 三次市 庄原市 安芸高田市 岩国市 エリア

Copyright © 2009 福冨司法書士事務所. All Rights Reserved.