遺産相続とは

「遺産相続」はとてもデリケートな問題を抱えています。

相続を契機に、親族間における日頃の感情の対立が表面化することは、よくあることです。

被相続人を世話してきた相続人は、他の相続人よりも多い相続分の取得を期待するものです。しかし一方で、他の相続人からは、法律にしたがった平等な相続分を主張されることもあるでしょう。

いざ遺産を分割しようとしたとき、何が原因で争いが起きるかわかりません。今まで円満に生活してきた親族同士が、遺産相続に直面した途端、これまでには考えられないほど激しく対立し、骨肉の争いを繰り広げるということが頻繁に起こっています。

そして相続人間の感情の対立は、配偶者等の周辺の人達まで巻き込んで複雑化していくのです。

〜最大の対策は「遺言書」の作成です〜

遺産相続をめぐるトラブルを未然に防ぐためには、ご自分の財産を、誰に、どのように分配したいのかを正確に伝えることが最も重要になります。

そして、それを確実にする手段が「遺言書」の作成です。

ただし、遺産相続といっても、受け継ぐ財産の種類や家族関係などにより対策方法も様々。当事務所にご相談いただければ、遺言書の作成からその遺言執行、遺産相続の手続きまで、皆様のご要望に沿ったご提案、サービスの提供をお約束します。

遺産相続Q&A
遺産相続に関する用語集