HOME  > コンテンツ  > 債務整理  > 特定調停による債務整理

特定調停による債務整理

特定調停とは、裁判所で行う債権者との話合いにより、返済方法を見直す手続です。

債権者との話合いにより、返済方法(返済額、回数等)などを見直すことによって、経済的な立て直しを図ります。民間から選ばれた調停委員が手続に関与し、債務者が経済的再生を図れるよう、合意に向けた調整を行います。合意に達した場合、合意の内容どおりに返済していくことになります。

合意が成立しない場合でも、裁判所は、適切と思われる返済方法等を決定(「調停に代わる決定」といいます。)することができ、これに双方から異議が出なければ、合意が成立した場合と同様に、その決定内容に従って返済することになります。

手続きの流れ

特定調停の申立て

これにより、債権者は債務者に対し、直接借金の取立てをすることができなくなります。

第1回調停期日

調停委員との面接が行われます。

債務状況、収入状況をふまえ今後の返済計画の検討が行われます。

第2回調停期日

債権者も出席し、和解成立に向けて交渉をします。

調停成立

調停成立後は調停調書の内容に従って返済していきます。

メリット・デメリット

特定調停のメリット

  • 他の債務整理に比べると手続きが簡単です

特定調停のデメリット

  • 調停が成立するまで裁判所へ出向く必要があります
  • 調停調書には判決と同じ効力があるので返済が滞ると強制執行(給料や預金の差押)を受ける可能性があります
お電話でのお問い合わせ(平日9:00から19:00。事前予約で夜間土日祝祭日も対応。)
082-502-7447
メール・FAXでのご相談24時間受付中
プリンタ用画面
友達に伝える
前
自己破産による債務整理
カテゴリートップ
債務整理

債務整理 過払い金 過払い請求 任意整理 多重債務者 借金相談 自己破産 個人再生( 個人民事再生) 相続手続き 不動産 相続 名義変更 遺産分割協議書 遺産放棄 成年後見 成年後見制度

司法書士 広島( 広島県) 広島市 廿日市市 三次市 庄原市 安芸高田市 岩国市 エリア

Copyright © 2009 福冨司法書士事務所. All Rights Reserved.