HOME  > 用語集  > 過払い
  

不当利得とは、ある人(A)が、法律上の理由なく他人(B)に及ぼした損失のことをいい、この場合、AはBに損失を返還する義務を負うことになります。

これを過払い請求のケースで考えると、消費者金融業者がA、過払い請求をする人がB、およぼした損失は払いすぎた利息(過払い金)となり、BがAに対し過払い金の返還(不当利得返還)を請求することになるのです。


グレーゾーン金利とは、利息制限法出資法にそれぞれ規定された上限金利の間の金利をいいます。利息制限法(15〜20%が上限金利)の上限を超えた金利を定めても、超えた部分は法律上無効ですが、一定の条件を満たした場合は出資法の上限金利(29.2%)まで認められています。一般に消費者金融業者は、この「グレーゾーン金利」による金利を設定し、利息制限法の上限利息を超えた無効な金利を取っています。

ただし、このグレーゾーン金利は、2009年12月末日を目途に撤廃が予定されています。


出資法とは、刑事罰の対象となる金利の上限を定めた法律のことをいい、この法律では29.2%を超える利息を禁止しており、これに違反すれば罰則が科せられます。そのため、利息制限法を超えた金利で貸し出ししている消費者金融業者も、出資法の29.2%という上限は厳守して営業しています。


利息制限法とは、利息の上限を定めた法律のことで、元本の金額に応じて10万円未満の場合は年20%、10万円以上100万円未満の場合は年18%、100万円以上の場合は年15%であり、これを超える利息は法律上無効となります。


取引履歴とは、借入れと返済の時期や額を時系列に沿って記録したもののことで、金融業者にはこれを保管する義務と開示する義務が課せられています。

通常、債務者は、取引期間の全ての履歴を記録・記憶していないため、利息制限法の利率に基づいた引き直し計算をするためには、この取引履歴の開示を受けることが必要となります。


(1) 2 »

債務整理 過払い金 過払い請求 任意整理 多重債務者 借金相談 自己破産 個人再生( 個人民事再生) 相続手続き 不動産 相続 名義変更 遺産分割協議書 遺産放棄 成年後見 成年後見制度

司法書士 広島( 広島県) 広島市 廿日市市 三次市 庄原市 安芸高田市 岩国市 エリア

Copyright © 2009 福冨司法書士事務所. All Rights Reserved.