被相続人は死亡したが法定相続人がいないというときでも相続は開始します。このような状態を相続人不存在といい、家庭裁判所が選任する相続財産管理人が、法定相続人に代わって相続の手続きを行います。


遺産分割協議とは、相続人のだれがどの財産を取得するかを決める相続人間の話し合いのことです。もし話し合いがまとまらなかったり、協議自体ができないときには、家庭裁判所による調停や審判で遺産を分割することになります。


特別受益とは、ある相続人が生前贈与や遺贈を受けていた場合、他の相続人との公平を期すために、それらを相続分から差し引く制度のことです。


被相続人の財産の維持・増加に特別の寄与(貢献)があった相続人については、その貢献に値する分を相続分に加えることができます。この本来の相続分に加える部分を寄与分といいます。


法定相続分とは、各相続人が、それぞれが取得する割合(相続分)について、法律に定められた基準のことです。


(1) 2 3 4 ... 9 »

債務整理 過払い金 過払い請求 任意整理 多重債務者 借金相談 自己破産 個人再生( 個人民事再生) 相続手続き 不動産 相続 名義変更 遺産分割協議書 遺産放棄 成年後見 成年後見制度

司法書士 広島( 広島県) 広島市 廿日市市 三次市 庄原市 安芸高田市 岩国市 エリア

Copyright © 2009 福冨司法書士事務所. All Rights Reserved.